ネットショップを運営する前に特商法を理解する必要性

利用者から信用されるようにしよう

ネットショップはスキマ時間でできるネット副業ですが、利用者から信用されないと売上を伸ばすことは不可能です。
最近ではネット上の取引でトラブルが起きやすく、消費者庁は防ぐためにガイドラインを設定しました。

このガイドラインが「特定商取引法に基づく表記」で、ネットショップを運営する際にきちんと明記することが必要です。
特定商取引法は略して特商法と呼ばれ、悪質な販売行為による被害を防ぐためにルールを定めています。

販売行為は通信販売や訪問販売などがあり、ネットショップも該当するため事前に確認して責任を持って運営することが大事です。また、利用者から信頼されるためにはニーズに応えることが求められ、SNSで積極的に情報を配信して興味を持ってもらえるようにする必要があります。

特定商取引法に基づく表記とはどのような項目があるのか

特定商取引法に基づく表記は利用者に対して自己紹介やサービス内容を伝え、安心して取引ができることを約束する位置づけがあります。
自己紹介の部分では事業者の氏名、住所、電話番号になり、携帯電話など容易に解約ができる番号を避け住所は枝番まできちんと明記することが必要です。

住所はバーチャルオフィスを使っても可能で、自宅とは別に設定すると混乱を避けることができます。
次に商品の販売や代金の支払い方法、返品や交換に関するルールで、初めてでも安心して利用できるようにすることが大事です。

ネットショップの利用者は代金の支払いから商品の引き渡しが行われるまでの流れだけでなく、トラブルが起きたときにきちんと対応してもらえることを知りたいと考えていることを理解する必要があります。

より多くの人に利用してもらえるようにしよう

ネットショップの運営を成功させるためにはより多くの人に利用してもらう必要があり、このためにはリピーターを確保する必要があります。
リピーターはサービスに満足して安心して利用できるためにできるため、特定商取引法に基づく表記を記載しきちんとルールを守ることが重要です。

ネットショップの運営はリピーターから注文が入るとスムーズに取引をしやすく、口コミや評判などで魅力を伝えてもらえると新規の利用者を増やせます。

特商法は安心して利用しやすくするためのルールになり、定められたガイドラインに沿ってサービスを提供すると効果的です。
ネットショップの売上を伸ばすためにはリピーターと新規の利用者を集めると効果的で、やりがいを感じて運営ができるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする